免疫力を高めて病気を予防しよう|病気に強い体を作ろう

粉末

病気を寄せつけない

自然

どんな力なのか

免疫力アップという言葉がありますが、免疫力とは何を意味しているかご存じですか。免疫力とはいろいろな細菌やウイルス、異物などが体に入った時に、自己防衛する力のことを言います。免疫力が低下すると、疲れやすくなったり、風邪を引きやすくなったり、インフルエンザなどの感染症になりやすくなったり、命に関わるような病気になりやすかったりします。免疫力が強いと、疲れにくくなったり、いろいろな病気を遠ざけてくれたりします。がん細胞とも戦ってくれます。健康な体を維持するために、とても重要な働きをしているのです。そんな免疫力をアップさせるために、普段口に入れる食べ物を意識してください。毎日の食事から免疫力を上げることができます。

普段の食事が大切です

免疫力を上げるためには、腸内環境をしっかり整えることが大切です。そのためには腸内の善玉菌を増やす働きをする乳酸菌をとることが必要です。乳酸菌は、定期的に体外に排出されやすいので、できるだけ毎日とるようにしましょう。ヨーグルトがおすすめです。また、オリゴ糖も腸内環境を整える役目があるので積極的にとりましょう。さらに、納豆も腸内環境を整えるだけではなく、いろいろな栄養もあり、免疫力を上げてくれます。風邪予防にも有効です。飲み物では、緑茶がおすすめです。緑茶に含まれる、カテキンがいろいろなウイルスと戦って、免疫力を上げます。普段からできるだけ意識して、毎日の食事から、いろいろな病気を寄せ付けない体を作りましょう。