免疫力を高めて病気を予防しよう|病気に強い体を作ろう

粉末

人間の身体を守るシステム

男性女性

過労やストレスは大敵です

人間の身体には生まれつき免疫力というのがあります。これは外から細菌が入ってきたりした時、それらをやっつける働きをして人間の身体を守ってくれます。免疫力というのは外部の敵から人間を守る防衛システムのことです。例えば大気汚染やタバコの煙など人間にとって害のある物質がたくさんあります。その中で生活していても病気にならないのは、免疫力が働いているからです。そのため免疫力が弱くなると病気にかかりやすくなってしまいます。免疫力が低下する原因としては過労やストレス、不規則な日常生活などがあります。また偏った食事を続けたり、加工食品ばかり食べていても免疫力が低下します。普段からこれらの点に気をつけて生活することが大事です。

規則正しい生活と食事

サラリーマンやOLなど仕事が忙しい人は過労になりますし、ストレスも溜まりやすいです。そのような時は免疫力を低下させないための工夫が必要です。最も大事なのが食事です。忙しい朝は朝食を食べない人が多いですが、1日3食を必ず食べるようにすることが大事です。食材としては、にんにく、納豆、小松菜、長芋、鶏肉などが免疫力を高める効果があります。毎食にこれらの食材を使うのは無理なので、そのような時は補助として、にんにく成分の含まれたサプリやビタミンAなどの健康食品を摂取する工夫をすることです。また適度な運動をする習慣をつけると、新陳代謝を活発にして免疫力を高めることができます。このように規則的な日常生活を送り、バランスのとれた食事を心がけることが大事です。