• Home
  • 作者別: もちもち

ほうれい線を薄くする為のお手入れ

30代を過ぎてから年を重ねるたびにシワが気になってくるのですが、最近特に鼻と口の周りのほうれい線が気になっています。そのため、少しでも薄くするためにお金をかけずにケアする方法を考えては取り組んでいます。

まずは、やはり保湿です。シワの一番の原因は乾燥なので、化粧水の後に美容液、そしてクリームをしっかり塗っています。

お肌の保湿を十分にしたら、顔のマッサージをしています。リンパの流れをよくすることでシワが薄く目立たなくなってくるので、まずは顔から首にかけて全体をほぐし、デコルテ部分まで流し、最後には脇の下のリンパをほぐします。

大まかなマッサージをしてからは部位別に丁寧に行います。ほうれい線部分はまず、耳の上の方に顔を引き上げるような形で持ち上げ、その後ほうれい線の線にそって人差し指と中指で軽くタップするようにすると少し線が目立ちにくくなってきます。

また、頬骨のあたりのお肉を軽くつまむようにして揉み解すのも効果的です。とても地味な作業ですがこうしたマッサージを続けてきたおかげか、少しずつほうれい線が薄くなってきたような気がします。

あとは、定期的に美容液などでパックをして保湿を十分に補えばお肌の張りも戻り、よりシワが目立たなくなってくるはずなので、今後も継続してほうれい線やそれ以外の部分の顔のシワのお手入れにも念入りに取り組んでいこうと思っています。

クリアポロンの効果と口コミを調査

色黒さんの日焼け対策

日焼けするととにかく色が黒くなる、冬まで色が戻らない…そんな人の日焼け対策です。

日焼けとは紫外線によるダメージで「肌がやけどをしている状態」です。肌が乾燥していると「肌がやけどを負いやすい状態」となってしまうので日焼けしやすくなってしまいます。

そこで簡単にできる日焼け対策としては、水分を多くとること、化粧水+乳液で保湿をすることがあげられます。これらは日焼け前に行い、肌の調子を整えておくことがなによりの日焼け対策になります。

強力な日焼け止めを塗ると肌が乾燥していると感じたことはありませんか?日焼け止め自体が肌への負担となってしまうこともあるため、日々の保湿により「日焼けしにくい肌」のベースを作っておくことが大事です!

また、日焼けしてしまった後…肌が黒くなるのはメラニンの沈着が原因です。

メラニン発生を抑える効果で有名なのがビタミンCですよね。メラニン抑制だけでなく、肌にダメージを与える活性酸素の抑制、コラーゲンの生成などの効果のあるビタミンCは美肌の強い味方です。

ただし、ビタミンC摂取には注意点があります。ビタミンCの摂取というとレモンやオレンジ…と考える方も多いと思いますが、レモンやオレンジには『ソラレン』という光毒性の成分が含まれており、ソラレンを摂取してから日光を浴びるとシミの原因になります。

日焼けを抑えたいのにシミだらけになってしまっては本末転倒ですよね…。

ビタミンCの摂取はソラレンの含まれていない食べ物から、またサプリメントがおすすめです。こちらも日焼け前から摂取しておくことで、より高い効果が得られますよ。

この夏はなるべく日焼けを防いで、綺麗な肌を守りましょう!

ニキビはピンポイントケアと全体ケアのダブルケアをしよう!

お肌は、42日のサイクルで日々生まれ変わっています。

しかし、規則正しい生活を心掛けていても日本には春夏秋冬があります。

春は、花粉や寒暖差、紫外線が強くなってきます。夏は、強力な紫外線が毎日の様に降り注ぎ、レジャーの季節なので、海やハイキングなど外での活動が増えてきます。

秋は、紫外線は夏よりは弱まっていきますが、徐々に寒くなっていきます。冬は、とにかく寒くて暖房の影響で室内と室外との温度差が出てきます。

このように季節だけ見ても肌への負担が変わってきます。

それに加えて、私達は仕事で忙しい日々を送りストレスが溜まっていきます。

仕事をしていなくても生活をしていく中で少なからずストレスがかかります。

そんな中ニキビが出来てしまうと、せっかくの42日の規則正しい肌のサイクルはさらに乱れ、ニキビが治りにくい悪循環な肌になってしまいます。

出来たニキビを治し、ニキビが出来にくい肌を作る為に知っていて欲しい事があります。

それは、ニキビだけを治そうとするのではなく肌全体のケアも同時にしていく事です。

その為にはまず、汚れを落とし固くなった角層を和らげていくクレンジングと洗顔です。

ベーシックなケアをしっかりする事でスキンケアの浸透も高まります。

次に、ニキビ専用のピンポイントケアです。

これは、炎症を起こしているニキビ部分に塗り、ニキビ自体の炎症を抑えていきます。

また、ニキビが出来た肌は敏感になっています。そこで、敏感肌用のスキンケアで肌全体を強化して底上げする必要があります。

これをしっかり続けて行くことでニキビが出来にくい肌を根本的に作る事が出来ます。