肌に過剰な刺激を与えないことは意外と大事

べたつく基礎化粧品をつけたときは、毛羽立つ衣類を着ないとか絨毯に寝転がらないとか、そんなことでも肌の状態は良くなるし湿疹もできにくくなりますよ。

小さなことで取るに足らないことだと思っても、そういう小さなことに気づければ女性の肌はもっともっと美しく変わると思うのです。

基礎化粧品のうたい文句や成分表示に神経質になるのも悪くないけど、それより肌に過剰な刺激を与えない対策をした方が肌は喜ぶんじゃないかと・・・。

わたしにもテレビコマーシャルで流れる基礎化粧品のイメージや、基礎化粧品のうたい文句だけで使う物を決めていた時期があったけど、その頃の肌の状態はどちらかと言えば悪かったのです。

新しい基礎化粧品のコマーシャルが流れるとそれを使いたくなってしまい、とっかえひっかえしていたため肌は安心できなかったのでしょう。

基礎化粧品選びって本当は難しく、その成分が肌に合うかどうかは1ヶ月2ヶ月と使い続けて肌の状態を見ながら判断するしかないんですよね・・・。

だから肌に合うと判断できた基礎化粧品は半年とか長いスパンで使ってみるのが良いし、その時に気をつけたいのは基礎化粧品につく埃や髪の毛。

わたしはこういうことに注意してます。
こちらもどうぞ>>>>>ふんわりルームブラ 口コミ