色黒さんの日焼け対策

日焼けするととにかく色が黒くなる、冬まで色が戻らない…そんな人の日焼け対策です。

日焼けとは紫外線によるダメージで「肌がやけどをしている状態」です。肌が乾燥していると「肌がやけどを負いやすい状態」となってしまうので日焼けしやすくなってしまいます。

そこで簡単にできる日焼け対策としては、水分を多くとること、化粧水+乳液で保湿をすることがあげられます。これらは日焼け前に行い、肌の調子を整えておくことがなによりの日焼け対策になります。

強力な日焼け止めを塗ると肌が乾燥していると感じたことはありませんか?日焼け止め自体が肌への負担となってしまうこともあるため、日々の保湿により「日焼けしにくい肌」のベースを作っておくことが大事です!

また、日焼けしてしまった後…肌が黒くなるのはメラニンの沈着が原因です。

メラニン発生を抑える効果で有名なのがビタミンCですよね。メラニン抑制だけでなく、肌にダメージを与える活性酸素の抑制、コラーゲンの生成などの効果のあるビタミンCは美肌の強い味方です。

ただし、ビタミンC摂取には注意点があります。ビタミンCの摂取というとレモンやオレンジ…と考える方も多いと思いますが、レモンやオレンジには『ソラレン』という光毒性の成分が含まれており、ソラレンを摂取してから日光を浴びるとシミの原因になります。

日焼けを抑えたいのにシミだらけになってしまっては本末転倒ですよね…。

ビタミンCの摂取はソラレンの含まれていない食べ物から、またサプリメントがおすすめです。こちらも日焼け前から摂取しておくことで、より高い効果が得られますよ。

この夏はなるべく日焼けを防いで、綺麗な肌を守りましょう!

もちもち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です