• Home
  • 子供10人大家族だけど秋田だったらスーパー楽しく過ごせるよ

海外旅行へ行って水が肌に合わない時の対処法

私は海外旅行が趣味なので、毎年いろいろな国へ行っています。

ですが、日本の水はかなり軟水で、日本の水ほど軟らかい国はなかなかありません。

日本にいるときは滅多に肌トラブルなど起きなかったのですが、海外旅行の度に硬水が肌に合わず、肌トラブルに悩まされていました。

そんな時に出会ったのがフランスの薬局コスメです。

日本でも最近話題になっているふき取りクレンジングとミスト状化粧水を組み合わせて使います。

まずは夜のスキンケアについてです。

入浴前にふき取りクレンジングでメイクをオフします。

そして普段通り洗顔をするのですが、大切なのは、洗い終えた後(浴室から出る前)に顔についた水分をタオルで拭き取らないことです。

浴室から出たらすぐにミスト状化粧水を顔からしたたるぐらいたっぷりと顔にスプレーします。

スプレーをした後、タオルで優しく水分を拭き取ります。

顔についた硬水を洗い流すというわけです。

この後は普段通りのスキンケアを行います。

次に朝のスキンケアですが、使い方は夜と同じです。

洗顔代わりにふき取りクレンジングでサッと顔をぬぐい、ミスト状化粧水を同じく、顔から水分がしたたるぐらいたっぷり吹きかけ、タオルで顔を押さえます。

この方法で硬水による肌トラブルとはオサラバしました。

やっとたどり着いた、肌への負担を減らすシンプルスキンケア

私がスキンケアで気をつけていること、
それは肌への負担をできるだけ少なくすること。これにつきます。
私の肌質は頬が乾燥しがちで、Tゾーンはややべたつく混合肌です。

まず、朝の洗顔は水のみ。冬はぬるま湯にすることもありますが、
お湯の温度が高いと必要な皮脂までとれてしまうので、
水に近いぬるま湯にします。
目ヤニをとって、ささっと洗うだけにしています。

化粧水、乳液といった基礎化粧品は使いません。
洗顔後、化粧をする時は乾燥が目立つところにワセリンを薄くつけます。
化粧水や乳液は肌に浸透していかないと本で読んでから、
ワセリンを米粒程度少量を手のひらで伸ばし、押し付けるようにつける、
それで化粧前のスキンケアは終了です。
ワセリンは精製度の高い白色ワセリンを使用します。
少量ずつしか使わないので、化粧水や乳液、美容液を買いそろえるのと
比べるとはるかに安くすみますよ。

紫外線が強い時期はワセリンを薄くつけた後、
日焼け止めの含まれたパウダーファンデーションをつけ、
さらに日傘をさして対策しています。
市販でよく売っているクリーム状、ジェル状、ミルク状日焼け止めは
肌にとって刺激が強いので、なるべく帽子や日傘で紫外線をカットします。

クレンジングは無添加の石けんのみ使用しています。
パウダー状のファンデーションをささっとつけている程度なので、
石けんで十分に落ちます。
そして、なんといっても洗顔後の頬の乾燥が激的に軽減しました。
石けんはたっぷりと泡立てて、肌をこすらないように軽く洗うだけでOKです。

シンプルなスキンケアですが、乾燥がひどくなったり、
皮脂が多くてニキビが増えたりすることもありません。
むしろ、肌のきめ細やかさが甦ってきたように感じています。
あわせて読むとおすすめ⇒ラメラエッセンスCの効果を38歳主婦で美容家の私が口コミ徹底検証

肌に過剰な刺激を与えないことは意外と大事

べたつく基礎化粧品をつけたときは、毛羽立つ衣類を着ないとか絨毯に寝転がらないとか、そんなことでも肌の状態は良くなるし湿疹もできにくくなりますよ。

小さなことで取るに足らないことだと思っても、そういう小さなことに気づければ女性の肌はもっともっと美しく変わると思うのです。

基礎化粧品のうたい文句や成分表示に神経質になるのも悪くないけど、それより肌に過剰な刺激を与えない対策をした方が肌は喜ぶんじゃないかと・・・。

わたしにもテレビコマーシャルで流れる基礎化粧品のイメージや、基礎化粧品のうたい文句だけで使う物を決めていた時期があったけど、その頃の肌の状態はどちらかと言えば悪かったのです。

新しい基礎化粧品のコマーシャルが流れるとそれを使いたくなってしまい、とっかえひっかえしていたため肌は安心できなかったのでしょう。

基礎化粧品選びって本当は難しく、その成分が肌に合うかどうかは1ヶ月2ヶ月と使い続けて肌の状態を見ながら判断するしかないんですよね・・・。

だから肌に合うと判断できた基礎化粧品は半年とか長いスパンで使ってみるのが良いし、その時に気をつけたいのは基礎化粧品につく埃や髪の毛。

わたしはこういうことに注意してます。
こちらもどうぞ>>>>>ふんわりルームブラ 口コミ

シミに悩んではや十年以上・・・

二十代。働きに出るようになった頃、鏡を見ると日に日に増えていくシミに恐怖感を覚え、シミ取りクリームをつかってホワイトニングを試みました。

当時、独身だったので、シミ取りクリームは資生堂の高価なものを使用していました。

シミ取りクリーム以外にも、シミを隠すためにコンシーラーを化粧の時には使用しました。

いくら独身とは言え、高価なシミ取りクリームを継続して使うには、お財布事情が苦しくなってきたので、少しお値段を下げて色々試してまわりました。

それから十年以上が経ちました。

効果はでたのか?と言うと、消えたシミはないです。

ただ、その時以上にシミが増えていないです。

もちろん、日焼け止めは年中使用して、焼けないようにシミを作らないように気を付けてもいます。

増えていない、ということは一応効果があったと考えてよいのでは、と思います。

さて、お財布事情は女性のライフステージで目まぐるしく変わります。

高価なものは効き目がありそうですが、続けられず。

今ではケシミンに落ち着いています。

気にせずに、たくさん使えるところが良いですね。

ケシミンを使って、名前の通りシミが消えたのか?と言うと・・・。

これも他のものと同じで、なくなったシミはありません。

できてしまったシミをリセットするのは至難の業なのだなぁと痛感しています。

これからも、日焼け止めクリームとシミ取りクリームで今以上にシミが増えないようにマメに手入れしていこうと思います!おすすめサイト>>>>>シズカゲルの口コミで効果がわかる

ほうれい線を薄くする為のお手入れ

30代を過ぎてから年を重ねるたびにシワが気になってくるのですが、最近特に鼻と口の周りのほうれい線が気になっています。そのため、少しでも薄くするためにお金をかけずにケアする方法を考えては取り組んでいます。

まずは、やはり保湿です。シワの一番の原因は乾燥なので、化粧水の後に美容液、そしてクリームをしっかり塗っています。

お肌の保湿を十分にしたら、顔のマッサージをしています。リンパの流れをよくすることでシワが薄く目立たなくなってくるので、まずは顔から首にかけて全体をほぐし、デコルテ部分まで流し、最後には脇の下のリンパをほぐします。

大まかなマッサージをしてからは部位別に丁寧に行います。ほうれい線部分はまず、耳の上の方に顔を引き上げるような形で持ち上げ、その後ほうれい線の線にそって人差し指と中指で軽くタップするようにすると少し線が目立ちにくくなってきます。

また、頬骨のあたりのお肉を軽くつまむようにして揉み解すのも効果的です。とても地味な作業ですがこうしたマッサージを続けてきたおかげか、少しずつほうれい線が薄くなってきたような気がします。

あとは、定期的に美容液などでパックをして保湿を十分に補えばお肌の張りも戻り、よりシワが目立たなくなってくるはずなので、今後も継続してほうれい線やそれ以外の部分の顔のシワのお手入れにも念入りに取り組んでいこうと思っています。

クリアポロンの効果と口コミを調査

色黒さんの日焼け対策

日焼けするととにかく色が黒くなる、冬まで色が戻らない…そんな人の日焼け対策です。

日焼けとは紫外線によるダメージで「肌がやけどをしている状態」です。肌が乾燥していると「肌がやけどを負いやすい状態」となってしまうので日焼けしやすくなってしまいます。

そこで簡単にできる日焼け対策としては、水分を多くとること、化粧水+乳液で保湿をすることがあげられます。これらは日焼け前に行い、肌の調子を整えておくことがなによりの日焼け対策になります。

強力な日焼け止めを塗ると肌が乾燥していると感じたことはありませんか?日焼け止め自体が肌への負担となってしまうこともあるため、日々の保湿により「日焼けしにくい肌」のベースを作っておくことが大事です!

また、日焼けしてしまった後…肌が黒くなるのはメラニンの沈着が原因です。

メラニン発生を抑える効果で有名なのがビタミンCですよね。メラニン抑制だけでなく、肌にダメージを与える活性酸素の抑制、コラーゲンの生成などの効果のあるビタミンCは美肌の強い味方です。

ただし、ビタミンC摂取には注意点があります。ビタミンCの摂取というとレモンやオレンジ…と考える方も多いと思いますが、レモンやオレンジには『ソラレン』という光毒性の成分が含まれており、ソラレンを摂取してから日光を浴びるとシミの原因になります。

日焼けを抑えたいのにシミだらけになってしまっては本末転倒ですよね…。

ビタミンCの摂取はソラレンの含まれていない食べ物から、またサプリメントがおすすめです。こちらも日焼け前から摂取しておくことで、より高い効果が得られますよ。

この夏はなるべく日焼けを防いで、綺麗な肌を守りましょう!

ニキビはピンポイントケアと全体ケアのダブルケアをしよう!

お肌は、42日のサイクルで日々生まれ変わっています。

しかし、規則正しい生活を心掛けていても日本には春夏秋冬があります。

春は、花粉や寒暖差、紫外線が強くなってきます。夏は、強力な紫外線が毎日の様に降り注ぎ、レジャーの季節なので、海やハイキングなど外での活動が増えてきます。

秋は、紫外線は夏よりは弱まっていきますが、徐々に寒くなっていきます。冬は、とにかく寒くて暖房の影響で室内と室外との温度差が出てきます。

このように季節だけ見ても肌への負担が変わってきます。

それに加えて、私達は仕事で忙しい日々を送りストレスが溜まっていきます。

仕事をしていなくても生活をしていく中で少なからずストレスがかかります。

そんな中ニキビが出来てしまうと、せっかくの42日の規則正しい肌のサイクルはさらに乱れ、ニキビが治りにくい悪循環な肌になってしまいます。

出来たニキビを治し、ニキビが出来にくい肌を作る為に知っていて欲しい事があります。

それは、ニキビだけを治そうとするのではなく肌全体のケアも同時にしていく事です。

その為にはまず、汚れを落とし固くなった角層を和らげていくクレンジングと洗顔です。

ベーシックなケアをしっかりする事でスキンケアの浸透も高まります。

次に、ニキビ専用のピンポイントケアです。

これは、炎症を起こしているニキビ部分に塗り、ニキビ自体の炎症を抑えていきます。

また、ニキビが出来た肌は敏感になっています。そこで、敏感肌用のスキンケアで肌全体を強化して底上げする必要があります。

これをしっかり続けて行くことでニキビが出来にくい肌を根本的に作る事が出来ます。